終了式、スライド上映のようす

本日3月8日(木)、1時間目に終了式、午後からは3年間のスライド上映を行いました。

終了式では、春日東中の第一期卒業生の吉村典幸様に来て頂き、開校当初のようすを話して頂きました。その話の中で、現在と変わらないものと変わったもの、当時のようすに想いを馳せながら東中の伝統について改めて考えることが出来たようです。

スライド上映では、3年間の行事を振り返り、みんなで笑ったり泣いたりしながらそれぞれの成長を感じる事ができました。

明日はいよいよ卒業式です。この3年間の集大成として、史上最高の卒業式になることを期待しています。

道徳「子どもへの一首」

 相田みつを「子どもへの一首」を使い、義務教育を終える3年生の生徒達に保護者の思いを考える道徳を行いました。事前に生徒達が考えた「親に感謝するとき、腹をたてたくなるとき」のアンケート結果から授業が始まりました。「うん、うん、そうだよね」と共感する内容が多かったようです。また、相田みつをの「子どもへの一首」の中の一部を考えさせ、発表したり、黒板に書いたり、班で交流したりしました。最後に、事前に保護者の皆様に書いていただいた我が子への思いを各クラスの生徒へ伝えました。どの子も真剣に、そして興味深げに読んでいました。私達教員も保護者の皆様の我が子への思いに感動させられました。生徒たちの心に響くメッセージをどうもありがとうございました。卒業まで残り少なくなりましたが、残りの日々を大切に感謝の気持ちをもって過ごしていきたいものです。公立入試も待ち構えていますが、3年生全員で乗り切って、素晴らしい卒業式を迎えることができるように頑張っていきたいと思います。

専願入試事前指導のようす

本日1月22日(月)の放課後、専願入試事前指導が行われました。明日の専願入試と今後の前期入試や、公立入試に向けて、校長先生と髙木先生からお話しをしていただきました。入試の日に気をつける点や、今まで頑張って生活をしてきた3年生には、自信を持って受験に挑んで欲しいということを話していただきました。

その後、専願入試を受験する生徒に、事前指導で明日の確認を行いました。

明日は気温が下がるそうですが、体調管理に気をつけて全力が出せるように頑張ってきてほしいと思います。